FC2ブログ

Welcome to my blog

古き良きスーパーカブ

PEACE KEEPER

PEACE KEEPER

バイク嫌いからバイク好きに転生させてくれたほどの魅力の持ち主「スーパーカブ」をお披露目です。
興味のない方には拷問の時間です。笑

改造らしい改造は特にせず、大事に直し直しで手入れしつつ限りなくノーマルに近い状態で乗ってます。
こんなにタフネスかつ乗りやすく疲れない…そしてレトロオシャレなバイクが他にあるでしょうか!笑

年式によってパーツや車体だったりが海外製…というのが多くなってしまっていることで評価が下がっているHondaのカブシリーズ。
海外パーツから組み上げられている現行型はカブファンの間では酷評極まりないほど。

私のはこだわりの完全日本製スーパーカブです。
本田宗一郎さん(Honda創設者)がこだわった本物の貴重な丸目カブちゃん。

my Cub 2016

全国どころか世界中に熱いファンがいるカブですが、魅力は山ほどあって話し始めたら止まりません。笑
それこそシリーズ20くらいまで続編化して、せっかく読んでくれてる読者さん達が退屈して離れていくことでしょう。
というわけで抑えつつほどほどに紹介します。笑

1952年に自転車への後付けエンジン…カブの原型となる商品が発売され、形姿もメカニズムも現在とほぼ同じ"スーパーカブ"という二輪車は1958年に登場。
約60年前のバイクですが、未だに生産が続いている驚異の人気車種。
生産数、販売台数共に世界一のバイクです。

カブは女性ファンも多く、カブで日本一周に挑戦する方も多いそうですが、いつも真っ先に「女性がバイクで…大丈夫!?」と思ってしまいます。
詳しく聞けば寝泊まりはさすがに気をつけている…ということなので、特に危険なことはないようですが…。
それでも万が一に妻が言い出したら全力で反対するだろうな…と思うほど、女性には抵抗のある挑戦です。笑
海外なら確実にできないことでしょう。

カブで日本一周に挑戦した女性達を特集した本も読みましたが、カブへの愛と信頼はものすごいです。

芸能人ではスーパーカブと言ったら所ジョージさん、大泉洋さんが出てくるほど有名で、カブファン仲間内では佐藤隆太さんも名前が挙がってました。
他にも山ほどいます。

芸能人がデザインした数十パターンのスーパーカブも発売されたほど未だ根強い人気を誇るポケットバイク。
主に50cc、70cc、90cc、110ccのラインナップがあり、街乗り、ちょい乗り、運搬用、旅用…と幅広くオールマイティな活躍が期待できます。

遠心クラッチなどの構造で片手で運転ができるようになっていることから配達系(郵政、銀行、新聞、飲食店など)の職場で活躍。
元々の開発段階から"片手で運転できる二輪"や"スカートの女性でも乗れる&乗り降りしやすい"ということをコンセプトにしてあるのも有名な話。

考え込まれた設計で使い勝手もよく、シンプル構造なので超タフネス。
ネット検索すると、車体が見えないほど積載して走るキチガイな海外にいるカブ達が見れます。笑
しかし、それほど積載しても無問題なタフネスバイクという証でもあります。

海外のカブ達

進化し続けるはずの機械が、カブにおいては既に完成形だと専門家達が口を揃えるほど非の打ち所がない設計。

現行型はコストパフォーマンスのため主に海外部品から製造されているので論外ですが、昔ながらの日本製スーパーカブなら20万〜30万キロを当たり前に走れます。
実際に30万キロ以上走ったカブを数台見たことがありますが、現役でまだまだ走ってたほど。

燃費はプリウスなんて相手になりません。笑
主に50〜60キロの速度で走っていればリッター45〜51…バケモノクラスでした。
自分で数年間実験し続けて集めた実走燃費データですので、少なくとも私のカブちゃんはそれだけの低燃費。

たったの120円で50キロも走れてしまう驚異の燃費!
バイクと言えど、かなりの低燃費です。

これだけ長く、幅広く愛されているので、カスタムパーツの種類は尋常じゃないほどの豊富さ。
オリジナリティを追求したい人にはこれ以上ない素材になることでしょう。

ちなみに私の友人Gもカブファンですが、彼のカブはお爺さんからお父さん、そしてGへと3代受け継がれたもの。
Gも子供へと継承するつもりで大切にチューニング&カスタマイズしながら今も乗っています。

さて…次回もバイクが好きじゃない人には拷問の時間となります。笑
my Cub号の魅力を余すところなく紹介します。強引に。笑

【ぷっちんワード 〜Gさん編〜】過去ブログ
http://acekee.blog.fc2.com/blog-entry-111.html
過去に何度か登場した、カブファン仲間でもある友人Gのエピソード。
関連記事
最終更新日2017-06-06
Posted byPEACE KEEPER

Comments 5

There are no comments yet.
ボーン  
No title

次回楽しみにしてます!!?笑

2017/06/06 (Tue) 10:58 | EDIT | REPLY |   
ハンジロー  
親父まではドノーマルでした

俺が継いでから色々自分好みに仕上げてたら特に爺ちゃんが「今はこんな風にできるのか!」て驚いてた(笑
一昔前まではカブ = 見慣れたバイクでオシャレなイメージは無かったらしいですねー

2017/06/06 (Tue) 11:43 | EDIT | REPLY |   
あや  
これはベトナム?

凄い…こんなに積んでも走れるんですね…笑
車並みに人数乗せて走ってるのがホント驚き!笑

2017/06/06 (Tue) 17:53 | EDIT | REPLY |   
アイボ  
カブってコレかぁー!

新聞屋さんが青、郵便屋さんが赤、銀行員が緑のやつだよね?
バイクよくわからないけど、これは結構好き!

2017/06/07 (Wed) 15:43 | EDIT | REPLY |   
コッチンママ  
代々受け継ぐバイク

車はそうもいかないものだから、なんだか素敵ですね(^^)郵便屋さんや新聞屋さんのバイクがそんなに優れているものだとは知らなかったです!

2017/06/07 (Wed) 16:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply