FC2ブログ

Welcome to my blog

【リアル】 〜追跡装置⑤〜

PEACE KEEPER

PEACE KEEPER

外国産の車両…いわゆる外車に乗る対象者は多くいます。
一般クラスであれば国産車との違いはそこまで多くないのですが、外車の中でも高級車クラスはまれにカーボンやグラスファイバー等で造られているため、普段マグネットで取付ける追跡装置はまるで取付けられません。

取付け位置周辺をキレイに掃除してから粘着テープ等を使って貼り付ける他に方法が無いのですが、このキレイに掃除してから…というのが、かなりの難題となることがあります。

前回、前々回の「リアル 〜追跡装置③&④〜」で紹介した事例などは、掃除までしなければならないとなるとまさに難題となります。

普段使いのマグネットタイプはかなり強力なマグネットを使用しているため、車の振動はもちろん、河原のような激しく揺れるガタガタ道を走行したとしても追跡装置が落下する心配はありません。

しかし粘着テープとなるとそこまで強固な貼付きは期待できず、雨の日の走行などで粘着テープが濡れて剥がれてしまう可能性すらあります。

少しでも剥がれにくい場所(形状)でありながらGPS電波を遮らない位置を探し、テープの粘着力を活かすためにも掃除しなければなりません。
防水処理を施してGPS電波を遮らない位置にマグネットで取付ける普段の作業とは違い、手間も時間ものしかかります。

これら追跡装置の取付け作業は調査業務の中でもかなり危険度の高い作業で、あまりに時間をかけていると対象者とバッティングしかねません。
いかに短時間で確実に取付けることができるか…
簡単なようで実は難易度も高く、危険度も高い業務なんです。
関連記事
最終更新日2018-02-05
Posted byPEACE KEEPER

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply