FC2ブログ

味のきんせい

ByPEACE KEEPER

我が家の聖地として何度も紹介してきた味のきんせい。
改めてきちんとご紹介したいと思います。

家から近かった時は月に数回、外食と言ったらきんせいにしか行かないくらいの感覚で行っていました。
今では往復1時間かかってしまうので多くは行けませんが、それでも外食に行くとなれば真っ先に「きんせい」と家族全員が第一候補に挙げるほど、我が家にとっては特別な場所。

小1の長男はもちろん、年少の次男もきんせいに行くと胃袋ブラックホール化。
私も普段よりついつい食べ過ぎてしまい、妻は食べ過ぎる気満々で、確実に食べきれないとわかるくらいの量をあれこれ注文。笑
そんな我が家ときんせいの歴史は約7年。

高級そうな店構えにビビりまくって気になってるくせに一度も入ろうとしなかったのですが、ある時、人に連れられて食事に行って「めっちゃ安いやん!しかもめっちゃ美味いやん!」と驚いたのがきんせいとの出会い。

当時住んでいた家(アパート)から約10分程度の場所にあり、妻の実家に行く時は必ず目の前を通過していたのでよく目に入っていました。
決して狭くない駐車場が常にほぼ満車というお店もあまり見かけないので「こんな高そうな店なのにこんなに客が入るなんて、よっぽど美味いんだろうなぁー」と気になって仕方なかった日々。

初めて入店した時はドキドキしながら入っていったのを覚えています。
定食で約700〜1,000円という一般的な価格帯のくせにセット内容は爆弾級。
例えば我が家が必ず注文するデラックスセットの内容は…チャーハン、半ラーメン、きんせい餃子、お漬物…という豪華セット。

知らない人が聞くと「ふぅーん。まぁ安めかな」くらいにしか思わないでしょう。
しかしここの名物「きんせい餃子」は味はもちろん、サイズも普通の餃子ではありません。

一般的な餃子のサイズは口に1〜2つ当たり前に入るものですが、きんせい餃子は半分で1口と考えてもらえば想像しやすいと思います。
もちろん1口で1個を詰め込むことも可能ですが、現実的に美味しく食べようとしたら成人男性の口で半分が1口。
ちなみに普通サイズの餃子、私はいつも1〜2個を1口で食べています。

そして味は餃子女の妻が「これ以上は知らない」と何年も言い続けているほどお気に入り。
人を連れて行って食べさせると「うまっ!」と感動してくれる人多数。
中にはお世辞で言ってる人もいるかもしれませんが、本当に美味しいです。

持ち帰りの冷凍餃子もあるので自宅でもあの独特なモチモチ感や食べ応えは味わえますが、やはり家庭のコンロというのもありお店で出てくる餃子には及びません。
きんせいのキッチンでプロの手によって調理されることにより、始めてきんせい餃子は100%のクオリティーが引き出されてます。
きんせい餃子を食べる時はできればお店で食べてみてください。

きんせい餃子

写真を見て「3つじゃ足りないよ!」と思った方もいると思いますが、1つがとんでもない爆弾ですので様子見つつ増やすことをオススメします。
それを考慮してのことでしょう。通常が3個で1皿。次に5個1皿となっています。
餃子と白米のみで食べるならともかく、他のメニューも注文する場合は要注意。

そしてラーメンは昔懐かしいオーソドックスな味。ごちゃついてないスッキリした昔ながらの味が安心感あって「やっぱりこれが一番!」と原点に引き戻してくれるラーメン。

それは普通の醤油ラーメンを指していますが、他のラーメンもたくさんあります。ネギ味噌や担々麺、ワンタン麺もつけ麺も、ラーメン屋並みに種類が豊富で何にするか迷ってしまうほど。
個人的には醤油ラーメンと同じくらいきんせいのつけ麺が好きで、今流行りの魚介風味なつけ麺。
たくさんの魚介系がありますが、知っているつけ麺の中では一番ツボだった味です。

定食メニューも実に豊富で、和食から中華、洋食まで飽きない多種メニュー。
とんかつ、唐揚げ、アジフライやカキフライ、中華も青椒肉絲や麻婆豆腐、八宝菜と様々ありますがどれも美味しくてハズレが存在しません。
正直、ハズレなしの、ここまで美味しいものばかりのお店は他では出会ってません。
他のお店に失礼ですが。笑

そしてなにより私の大好物のチャーハンは知っている中では1、2を争うほど美味しくて、きんせいに行ったら必ず食べなくちゃ帰れないもの。
これも持ち帰りできますが、だいぶ味が落ちてしまうのでお店で食べてほしいメニュー。

チャーハンなんてどこも同じだよ!と昔から言っていた友人に、黙ってきんせいチャーハン食え!と無理矢理食べさせたところ、今では必ず注文するメニューになってしまったほど気に入ったようです。
友人も「ここだけは絶品だ」と認めていました。

きんせいチャーハン

ちなみに少し前まで、きんせいのチャーハンがダントツの1位でした。
しかし、そんなに好きなら…とあるグルメさんに教えてもらったお店で"看板メニュー"と店主が言うほどのチャーハンに出会います。
それがきんせいのチャーハンと1位2位を争っている段階で、衝撃的な美味しさ。
普通の味といえばそうですが、普通プラス"何か"があり、その"何か"がとても絶妙な風味を出していて決して他では味わえない貴重なチャーハン。

どちらも甲乙つけがたいほどのクオリティ。
そのうちそちらのお店も記事にしたいと思いますが、チャーハン好きであちこちで食べていても、圧倒的にトップ独占のきんせいチャーハン。
一度ご賞味あれ。



【味のきんせい】
埼玉県比企郡吉見町中新井234-1
営業時間:昼11:30〜14:00 / 夜17:00〜20:30
tel:049-354-2033
定休日:火曜日
HP:http://kinsei.kanai-group.com
宴会、飲み会など予約すれば大人数での入店も可能。送迎バスもあるそうです。



【総合探偵社 ピースキーパー】
http://acekee.jp
Instagram:pk_detective(https://instagram.com/p/Bj4WozXjLiE/
Twitter:@detective_PK
メール:7ace8kee@gmail.com
電話:048-538-3855
関連記事
Share

Comments 4

There are no comments yet.

アイボン  

読んでたら我慢できなくなった!

だから行ってきたψ(`∇´)ψ
相変わらず繁盛してまっせー!

2019/03/30 (Sat) 22:56 | EDIT | REPLY |   

JINパパ  

きんせい炒飯

本物でしたわ

2019/04/03 (Wed) 11:30 | EDIT | REPLY |   

ハンジロー  

きんせいの餃子

実家に1回持っていったら里帰りのたびに持って行かなきゃいけなくなった( ;∀;)

2019/04/03 (Wed) 20:43 | EDIT | REPLY |   

あや  

教えてもらってからしょっちゅう行ってますよ(*^^*)b

だけど髪の色がいけないのか年齢層が珍しいのかオジサンにジロジロ見られる確率高い場所です(-_-;)
それだけがちょっと…笑

2019/04/05 (Fri) 08:30 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply