FC2ブログ

悩む多肉植物

By総合探偵社ピースキーパー & アイビー探偵

ダイニングテーブル(食卓)に置いている観葉植物は家庭によって様々だと思います。我が家でも色々と置いてみては、スペースを取るから邪魔になったり、季節限定で年中置いておける植物じゃなかったり、もっと日当たりのいい場所を好む植物だったりすることなど、様々な理由から何度も入れ替わってきました。

年中置いておけて、なおかつ邪魔にならない。光合成するにもダイニングテーブルの位置の日あたり(我が家では東側)で充分な植物「ハオルチア属プリングレイ」にようやく落ち着いて、かれこれ1年ほど食卓を飾ってくれています。

根付き子株を買って、親指の先より小さなうちに植え付け、ようやく1年が経過しようという頃で、それなりに成長しました。
元々は鉢内に3株植えてあっても余裕があったくらいなのに、2株に減らしても狭いくらい大きくなってくれたプリングレイ。

途中までは至って普通に。
どちらも同じペースで同じように育っていたのですが、一定期間が過ぎたあたり…ダイニングテーブルに置き始めて7〜8ヶ月の頃だったかと思います。
片方は葉が長く、背も高く、まるでノッポのように。
もう片方は普通のと同じく引き締まった肉厚な葉でキレイに葉を広げつつ成長。
同じ場所に置いているのに全く違った姿に成長していく兄弟。

ノッポなプリングレイ①

日当たりの問題なのかと思い、日の差し込む昼間だけ向きを逆にしてみた時期もありましたが、相変わらず片方はノッポのまま成長を続けます。
同じ鉢で2株の花苗を育てると栄養分の取り合いが起きて片方だけ育ちやすいとか、何かしらの影響が出ることもあるらしいので、それを考慮して固形肥料ではなく均一に栄養分が広がる液体肥料を使ってみて観察してみたりもしましたが、やはり変わらず。

猫のイタズラで秋頃に植え直しを余儀なくされた時に、全部土を出して根の状態も確認しましたが、生育が偏っているような根の張り方ではなく、どちらも健康そのもの。
結局はわからないままでした。

いよいよ寒くなってきて冬になると、玄関の窓際に置いてある同じタイミングで植えた別のプリングレイにも異変が。
そこには1つのブリキ缶に3株植えてある状態でしたが、そのうちの1株だけ同じようなノッポ姿へと変異し始めていたのです。
それまで健康的に、他と同じペースで成長をしていたのにも関わらず、突然その個体だけビヨ〜ンと長々とした姿に乱れ始めた冬始め。

ノッポなプリングレイ②

しかしこれには思い当たる節がありました。
この個体だけ窓側、つまり外側を向いていたので、寒くなってきた時期では外の寒気がダイレクトに伝わる位置。
同じ鉢内にいるのなら隣に植わっている個体も同じ環境にも思えますが、人間でも同じように、何か1つを間に挟むと暑さや寒さは大きく変わります。つまり外側に位置する個体のおかげで内側の個体は寒気の影響をダイレクトに受けることなく過ごせているのです。

寒さによる生育不良?それならもちろん暑さによる生育不良も起こりえるでしょう。
しかしダイニングテーブルのプリングレイは暑くも寒くもない丁度いい甘やかされた環境のはず。気温によるストレスはほとんど無いと思われます。
じゃあ何が原因なんだろう…。

食事中にノッポなハオルチアを目の前にそんな会話をしていた時、妻が言いました。
「ノッポの子はいつも私の方にいて、何も問題ない子はパパの方にいるじゃん!」
何が言いたいのかいまいちわかりませんでしたが、妻は続けます。
「私がベラベラいつも喋っててうるさいからストレスなんだよ!パパの方にいたら無駄なこと喋らないし平和じゃん!」
妻が自分でそう言い切りました。笑

そりゃ面白い考え方だ!
と笑って話していましたが、よくよく考えてみてもありえない話というわけではなさそう。
人の言葉がわかる!とまでは言いませんが、人の声質やボリューム、生活音などが植物にとってストレスとなることは充分考えられます。

どこかで耳にした「苺苗にクラシックミュージックを聴かせてあげると甘い実をつける」という話。
それは一部の苺農家さんが実際に行っている方法で、何回検証してもクラシックミュージックを聴かせている苗と聴かせてない苗では、圧倒的に糖度の違う苺が成るんだとか。

これは苺に限ったことではなく、野菜なども同じ。それこそ花も同じ。観葉植物や多肉植物でも同じです。
全ての植物に共通して起きる現象だそうで、なぜそんなことが起きるのかは明確には解らないものの、効果は確実にあると認められている方法。
今ではほとんどの人が知っている話だと思います。

とある実験では「かわいいね!」や「大きくなってね!」など良い言葉をかけ続けると、クラシックミュージックを聴かせる効果と同じように成長が促進され、逆に「バカ!」や「嫌いだ!」など罵るような言葉を浴びせ続けると元気が無くなり、病気になったり実付きが悪くなったり、やがて枯れてしまう苗もあったそう。

また愛情を込めて毎日撫でたり、葉っぱを拭いてあげたりした実験体(植物)と、毎日軽く叩いたりはじいたりしていた実験体とでは、どちらも早くに病気になったり枯れたりしてしまったそうです。
どんな形であれ、頻繁に触れられるのは植物にとってストレスということでしょう。

触れる触れないということは置いておいても、音楽や言葉による影響を受けることが確実だとわかっている以上、人の声に反応し、ストレスと感じることがあっても不思議ではないのです。
いわゆるバクスター効果と呼ばれるものかもしれませんが、そもそも人間のわかっている範囲が全てではないのですから不思議でもなんでもない現実なのかもしれません。

なんであれ我が家のダイニングテーブルで過ごすプリングレイにとって妻のお喋りが苦手だったのでしょう。笑
静かに優雅に過ごしたいのに子ども達はうるさい、妻は喋りっぱなし…ノッポなプリングレイの気持ちを代弁するなら「あー!もう!静かにして!!」といったところでしょうか。笑
同じ悩みを抱えてるのは君だけじゃないよ。ここにも仲間がいるよ。と妻の前でそっと声をかけてあげました。笑





【総合探偵社 ピースキーパー】
http://acekee.jp
Instagram:pk_detective(https://instagram.com/p/Bj4WozXjLiE/
Twitter:@detective_PK
メール:7ace8kee@gmail.com
電話:048-538-3855
関連記事
Share

Comments 7

There are no comments yet.

アイボン  

奥さん自分で言っちゃう!?笑

そういう観察も面白いね!
人間の常識で考えてることと現実は全く違う可能性があるって読んだことあるけど、植物なんて特にそれ考えさせられるよね( ̄ー ̄ ) 人類より全然先輩だし。

2020/01/20 (Mon) 07:45 | EDIT | REPLY |   

ボーン  

ノッポなプリングレイ

彼にとっては、ロケットのようにそこから飛んで行きたかったのか??

ご主人は、微笑ましく見てますよね(^^)

2020/01/20 (Mon) 16:45 | EDIT | REPLY |   

ナースのナースコール  

おもしろい!こんなこと起きるんですね!

こういうのもなんとなく聞いたことはあったけど、こうやって目にしたことないから面白いです!ほんとに片方だけ&窓際だけ伸びてる!
奥さんの話は冗談で受け流したのかと思ったらちゃんと本気で考えてみるなんて真面目ですね(笑
なに言ってんだ〜って終わっちゃうところですもんね(^ー^)

2020/01/21 (Tue) 00:00 | EDIT | REPLY |   

ザブーン  

日光不足かと思ったけどブリキ缶のが逆だから違いますね。

液肥使っても変わらないなら栄養不足ってわけでもなさそうだし、本当に音がストレスなのかもしれないですね。
うちの観葉植物もストレス与えると多少の影響出るけど、ここまではっきりしてると面白い。

2020/01/21 (Tue) 19:19 | EDIT | REPLY |   

グリーンボックス  

うちの植物園で平等な環境を用意してののしる言葉をかけ続けてみる実験をしたことがあります。同じく間延びしたものもあったり、病気になったり枯れるものもありました。
マスク着用で吐息や唾が飛んだらしないように音だけの実験をしたので、言葉(あるいは音)の影響があるのは間違いないと思います。
樹齢数千年の大木がパワースポットと呼ばれるようになって、色々な人が触りに来るようになったら枯れてしまったところもありましたし、触られるのは基本的にほとんどの植物はダメなんでしょう。
バクスター効果については批判や間違った(かたよった)見解や機械的ミスだったという意見もありますが、なんでも知ってる(解明した)気になってる人が多いから、そんな情報のほうがアテになりません。
ハオルチアのストレスがお喋りする奥様とはとても面白く興味深い内容でした。おそらく適度な距離感が見つかればこのハオルチアも大丈夫なのでしょう。

2020/01/23 (Thu) 23:09 | EDIT | REPLY |   

かるしふぁー  

ハッとさせられました。うちも同じ状況です。

ダイニングに置く花が必ず私の方を向いてるのだけ枯れて夫側のだけ元気。私の方にあるのは何度も植え変えてますが相変わらずダメ。
反対にしたら夫側を向いてた時は元気だった花が枯れて、相変わらず夫側の花は元気。なんで?とムカつきました。
夫は、お前なにか邪気でも持ってるんじゃねーか?と言ってて今まで気になってたけど、投稿者さんは読んでる感じ奥さんは元気ハツラツで邪気を持ってるような雰囲気に感じないし、うちと同じような感じだなって思いました。私が元気で夫は寡黙だから。
うちの花も私がうるさくてイライラしてるのかな?ってハッとしました。

2020/01/30 (Thu) 21:30 | EDIT | REPLY |   

コル  

No title

水やりは祖母だけど、可愛がってたのは祖父っていう観葉植物があって、祖父が亡くなってまもなく枯れちゃったのを思い出しました。
水やりも今までと同じだったし、おじいちゃんがいなくて寂しかったのかなぁなんて話してたけど、やっぱりそういうのあるのかもしれないですね。

2020/01/31 (Fri) 19:58 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply